ビジネスサポートポータルアカウントでログイン
Webレピュテーションサービスのホワイトリストを配信する手順について  

Webレピュテーションサービスのホワイトリストを配信する手順について

    • 更新日:
    • 27 Jun 2019
    • 製品/バージョン:
    • ウイルスバスター コーポレートエディション 10.6
    • ウイルスバスター コーポレートエディション 11.0
    • ウイルスバスター コーポレートエディション XG.0
    • OS:
    • Windows すべて
概要
Webレピュテーションサービス (WRS) ホワイトリストを配信する手順を教えてください。
詳細
Public
ホワイトリストの配信については、ウイルスバスター Corp. クライアント 1台のみに
設定する方法と全台に設定する方法の2つの方法があります。
以下の手順を参考にいずれかの手順を実施してください。
 
  • 以下の手順において、レジストリの操作が必要となります。
    レジストリには、Windowsの構成情報が格納されており、
    編集内容に問題があると、システムが正常に動作をしなくなる場合が
    あります。
    弊社では、レジストリの編集時における如何なる問題に対しても
    保証はいたしかねますので、レジストリの編集はお客様の責任で
    実施ください。
    レジストリの編集前に、必ずバックアップを作成することを推奨いたします。
    バックアップ方法の詳細は、ご使用の Windows のヘルプをご参照ください。
 

事前作業

 
ウイルスバスターCorp. クライアントに対して、既にWeb レピュテーションサービスの
ホワイトリストを個別に設定している場合や、今後、1台のみに設定することを検討している
場合は、該当のウイルスバスター Corp. クライアントに、以下の設定を行ってください。
 
  1. Webコンソールにログインし、以下の設定を実施します。
     
     ウイルスバスターCorp.10.6 の場合:
     
      [ネットワーク上のコンピュータ] → [クライアント管理] → [設定]
      → [権限とその他の設定] → [その他の設定] タブ
      → [クライアントセルフプロテクション] 内の各項目のチェックを外します。
      
     ウイルスバスターCorp. 11.0,XG の場合:
     
      [クライアント] → [クライアント管理] → [設定] → [権限とその他の設定]
      → [その他の設定] タブ →
      → [ウイルスバスター Corp.クライアントセルフプロテクション] にて、
      各項目のチェックを外します。
     
  2. ウイルスバスターCorp. クライアントのアイコンを右クリックし、[アンロード] を
    選択します。
     
  3. レジストリエディタにて、任意で以下の設定を実施します。
     
    a. クライアントの承認済みWebサイトリストをサーバのリストと同期する場合
     
      レジストリに 次のレジストリキーを追加し、その値を「1」に設定します。

    キー:
    [ウイルスバスター Corp. 11.0 Service Pack 1以上]
    Windows Server 2008 R2, Windows 7以上の環境
    HKLM\SOFTWARE\TrendMicro\Osprey\WhiteList\

    Windows Server 2008 R2, Windows 7以前の環境
    HKLM\SOFTWARE\TrendMicro\NSC\TmProxy\WhiteList\


    [ウイルスバスター Corp. 10.6 / 11.0 Service Pack 1以前]
    Windows 2012, Windows 8以上の環境
    HKLM\SOFTWARE\TrendMicro\Osprey\WhiteList\

    Windows 2012, Windows 8以前の環境
    HKLM\SOFTWARE\TrendMicro\NSC\TmProxy\WhiteList\


    名前: SEG_SyncGlobalWhiteList
    種類: REG_DWORD
    データ:
    0:クライアントの承認済みWebサイトリストをサーバのリストと同期しない
    1:クライアントの承認済みWebサイトリストをサーバのリストと同期する

     
    b. クライアントの承認済みWebサイトリストを保持する場合
     

      レジストリに次のレジストリキーを追加し、その値を「1」に設定します。

    キー:
    [ウイルスバスター Corp. 11.0 Service Pack 1以上]
    Windows Server 2008 R2, Windows 7以上の環境
    HKLM\SOFTWARE\TrendMicro\Osprey\WhiteList\

    Windows Server 2008 R2, Windows 7以前の環境
    HKLM\SOFTWARE\TrendMicro\NSC\TmProxy\WhiteList\


    [ウイルスバスター Corp. 10.6 / 11.0 Service Pack 1以前]
    Windows 2012, Windows 8以上の環境
    HKLM\SOFTWARE\TrendMicro\Osprey\WhiteList\

    Windows 2012, Windows 8以前の環境
    HKLM\SOFTWARE\TrendMicro\NSC\TmProxy\WhiteList\



    名前: SEG_KeepLocalWhiteList
    種類: REG_DWORD
    データ:
    0:クライアントの承認済みWebサイトリストを削除する
    1:クライアントの承認済みWebサイトリストを保持する

     
    上記2つのレジストリを組み合わせた場合の例を以下に記載致します。
     
    例A)
     クライアントとサーバの承認済みWebサイトリストの両方を保持する場合
     
    以下の通り設定します。

    SEG_SyncGlobalWhiteList=1
    SEG_KeepLocalWhiteList=1

    例B)
     クライアントの承認済みWebサイトリストを保持し、
     サーバのリストを拒否する場合
     
    以下の通り設定します。

    SEG_SyncGlobalWhiteList=0
    SEG_KeepLocalWhiteList=1

    例C)
     常にサーバの承認済みWebサイトリストをクライアントに適用する場合
     
    次のレジストリキーを削除します。

    SEG_SyncGlobalWhiteList
    SEG_KeepLocalWhiteList

     
    新しい設定は、ウイルスバスター Corp.クライアントの設定がサーバと同期すると有効になります。

ウイルスバスター Corp. クライアント全台に設定する方法

 
  1. ウイルスバスター Corp.サーバにおいて、<インストールパス>\PCCSRV\フォルダ
    の「ofcscan.ini」 をテキストエディタで開きます。
     
  2. [Global Setting] セクションに次のキーを追加して、適切な値を割り当てます。
    IPv4の場合:
    [Global Setting]
     SEG_WhiteListIPNum=x
    ※ここで、「x」はIPv4で指定される承認済みWebサイトのIPまたは
     サブネットの登録番号で、最大値は「1000」です。
    SEG_WhiteListIP0=192.168.100.100
    SEG_WhiteListIP0_Mask=255.255.255.0
    SEG_WhiteListIP1=192.168.16.35
    ...
    SEG_WhiteListIP999=

    IPv6の場合:
    [Global Setting]
     SEG_WhiteListIPV6Num=y
    ※ここで、「y」はIPv6で指定される承認済みWebサイトのIP
     またはサブネットの番号で、最大値は「1000」です。
    SEG_WhiteListIPV60=fec00000000000000220edfffe6a0f76
    SEG_WhiteListIPV60_Mask=ffffffffffffffff0000000000000000
    SEG_WhiteListIPV61=240800405fff014cc97f0050f043dbe6
    ...
    SEG_WhiteListIPV6999=
    SEG_WhiteListIP{Num}_Maskはオプションであり、
    初期設定のサブネットマスクは「255.255.255.255」です。

    SEG_WhiteListIP6{Num}_Maskはオプションであり、
    初期設定のサブネットマスクは「ffffffffffffffffffffffffffffffff」です。
     
    記載例: 一つのIPアドレスを登録する場合
    SEG_WhiteListIPNum=1
    SEG_WhiteListIP0=192.168.100.100
  3. ウイルスバスター Corp.サーバのWebコンソールを開き、
    [ネットワーク上のコンピュータ] ([クライアント])→ [グローバルクライアント設定] 画面に
    進みます。
     
  4. [保存] をクリックして設定をクライアントに配信します。
     
  5. ウイルスバスターCorp. クライアントをインストールしているコンピュータの
    OfficeScan NT Proxy Serviceの再起動または、OSの再起動を実施します。
 

ウイルスバスター Corp. クライアント1台のみに設定する方法

 
  1. レジストリエディタにて以下のレジストリを開きます。

    キー:
    [ウイルスバスター Corp. 11.0 Service Pack 1以上]
    Windows Server 2008 R2, Windows 7以上の環境
    HKLM\SOFTWARE\TrendMicro\Osprey\WhiteList\

    Windows Server 2008 R2, Windows 7以前の環境
    HKLM\SOFTWARE\TrendMicro\NSC\TmProxy\WhiteList\


    [ウイルスバスター Corp. 10.6 / 11.0 Service Pack 1以前]
    Windows 2012, Windows 8以上の環境
    HKLM\SOFTWARE\TrendMicro\Osprey\WhiteList\

    Windows 2012, Windows 8以前の環境
    HKLM\SOFTWARE\TrendMicro\NSC\TmProxy\WhiteList\


  2. 「WhiteList」キーの中にある「SEG_WhiteListIPNum」に登録するIPアドレスの数を設定します。
    ※IPアドレスを1つ登録する場合の例です。
    名前: SEG_WhiteListIPNum
    値: 1
  3. 右クリックメニューより、キー「SEG_WhiteListIPxx」を「WhiteList」に追加し、作成したキーに以下のDWORD値を作成します。
    ※xxは登録するIPリストの数 (0から999まで指定可能)です。
    ※以下は192.168.1.1を登録する場合の設定例です。
    名前: IPv4
    値: 6464a8c0
    値に関して、登録するIPアドレスを第4オクテット→第1オクテットの順に並べ替え、16進数で記述する必要があります。

    例) 192.168.100.100を登録する場合
    1. 第1オクテットから第4オクテットまでを16進へ変換します。
    「192.168.100.100」 → 「c0 a8 64 64」

    2. 第4オクテットから第1オクテットの順に並べ替えをします。
    「c0 a8 64 64」 → 「6464a8c0」

    サブネットマスクを指定する場合は下記のキーも登録します。(オプション)
    ※以下は「255.255.255.0」の場合の設定例です。
    設定値の算出方法はIPアドレスと同様です。
    名前: IPv4Mask
    値: 16777215
  4. 設定を配信したウイルスバスターCorp. クライアントのOfficeScan NT Proxy Service
    の再起動または、OSの再起動を実施します。
Premium
Internal
Partner
評価:
カテゴリ:
機能/仕様; アップデート/配信
Solution Id:
1309756
ご提案/ご意見
このソリューションはお役に立ちましたか?

フィードバックありがとうございました!


*こちらに技術的なご質問などをいただきましてもご返答する事ができません.

何卒ご了承いただきますようお願いいたします.


To help us improve the quality of this article, please leave your email here so we can clarify further your feedback, if neccessary:
We will not send you spam or share your email address.

*This form is automated system. General questions, technical, sales, and product-related issues submitted through this form will not be answered.


ユーザーガイド