ビジネスサポートポータルアカウントでログイン
Windows: データベースに関する注意事項  

Windows: データベースに関する注意事項

    • 更新日:
    • 17 Jul 2017
    • 製品/バージョン:
    • InterScan Messaging Security Suite 7.0
    • InterScan Messaging Security Suite 7.1
    • OS:
    • Windows すべて
概要
InterScan Messaging Security Suite(以降、InterScan MSS) 7.x Windows版のデータベースに関して何か注意事項がありますか。
詳細
Public

InterScan MSS Windows版では、こちらで公開しているような問題はおきません。
ただし、InterScan MSS Windows版にバンドルされているデータベースは格納できるサイズに制限があるため注意が必要です。


■InterScan MSS 7.0 Windows版にバンドルされたデータベース
 SQL Server 2000 Desktop Engine (MSDE 2000)
 
 注意点:
  1. データベースに格納できるデータは最大2GBです。
  2. 同時にデータベースにアクセスするユーザは5人以下であることが推奨されます。


■InterScan MSS 7.1 Windows版にバンドルされたデータベース
 SQL Server 2005 Express Edition

 注意点
  1. データベースに格納できるデータは最大4GBです。
  2. 1 CPU、1 GB RAMに制限されます。


■推奨方法
弊社では、1日あたりのメールトラフィックが30,000件を超える場合または、エンドユーザメール隔離をご利用される場合は、上記のデータベースの制限に触れる可能性がございます。
そのため、InterScan MSS がサポートしているMicrosoft SQL Serverなど制限のないデータベースサーバに変更することを推奨しております。
サポートしているデータベースサーバについてはこちらから最新のReadmeを確認してください。

なお、データベースの変更が実施できないお客様は以下の回避作を実施してください。

■回避策
短期的な対処方法としては以下の手順でデータベースに格納するサイズを小さくすることが可能です。

手順1:
管理コンソールにログインします。

手順2:
[ログ] > [設定] > [クエリ用にログを保存する日数] を減らす。

手順3:
Trend Micro IMSS Manager サービスを再起動します。

以上で手順は完了です。

Premium
Internal
評価:
カテゴリ:
機能/仕様
Solution Id:
1309785
ご提案/ご意見
このソリューションはお役に立ちましたか?

フィードバックありがとうございました!

いただいたご提案/ご意見に関して、トレンドマイクロから詳細確認のため、Eメールを送付させていただく場合がありますので、Eメールアドレスを入力してください:
入力いただいたEメールアドレスはソリューション改善のためだけに使用いたします.

*こちらに技術的なご質問などをいただきましてもご返答する事ができません.

何卒ご了承いただきますようお願いいたします.


To help us improve the quality of this article, please leave your email here so we can clarify further your feedback, if neccessary:
We will not send you spam or share your email address.

*This form is automated system. General questions, technical, sales, and product-related issues submitted through this form will not be answered.


ユーザーガイド