ビジネスサポートポータルアカウントでログイン
スマートクエリフィルタパターンの最適化について  

スマートクエリフィルタパターンの最適化について

    • 更新日:
    • 17 Jul 2017
    • 製品/バージョン:
    • ウイルスバスター コーポレートエディション 10.0
    • ウイルスバスター コーポレートエディション 10.5
    • ウイルスバスター コーポレートエディション 10.6
    • ウイルスバスター ビジネスセキュリティ 7.0
    • OS:
    • N/A N/A
概要
不正プログラム検索方法「スマートスキャン」で使用するコンポーネントの1つである「スマートクエリフィルタパターン」は、フィルタリングの精度を一定に保つため不定期に最適化が行われます。
その際、 フルサイズのファイルが各クライアントへ配信されます。
本製品Q&Aでは、「スマートクエリフィルタパターン」の役割、影響を受ける製品、対応策、回避策について説明します。
詳細
Public

スマートクエリフィルタパターンとは

不正プログラム検索方法「スマートスキャン」は、ローカルに保持しているウイルスパターンファイルを利用する「従来型」の検索方法とは異なり、スマートスキャンサーバと連携し、不正プログラム対策を行います。

 スマートスキャンのコンポーネントの1つであるスマートクエリフィルタ (BF.ptn) は、クライアントがスキャンサーバにクエリを行う必要性があるかどうかを判定し、ネットワークトラフィックを抑制する役割を担っていますが、フィルタリングの精度を一定に保つため不定期に最適化を行う必要があります。スマートクエリフィルタの最適化に伴い、フルサイズのスマートクエリフィルタが管理下の各クライアントへ配信されます。

 

スマートクエリフィルタパターンが最適化される時期

不正プログラム対策シグネチャの増加量に依存するため、最適化が行われる正確な日時は決められません。

影響を受ける製品、およびバージョン

影響を受ける製品、バージョンは下記のとおりです。
 
製品
影響を受けるバージョン
ウイルスバスター コーポレートエディション10.0 
10.5 
10.6  SP3 Patch 2 以下
Trend Micro Smart Protection Server2.5 
2.6
ウイルスバスター ビジネスセキュリティ7.0

対応策

スマートプロテクションサーバ 3.0では本仕組みの変更を実施しております。今後も、不定期に最適化が行われる予定であり、配信されるファイルサイズは増加していきます。スマートプロテクションサーバ3.0を使用しているバージョンへのバージョンアップをご検討ください。

製品
対応バージョン
ウイルスバスター コーポレートエディション10.6  SP3 Patch2  Critical Patch 5712 以降
Critical Patch 5712インストール方法

11.0 以降
Trend Micro Smart Protection Server3.0 以降
ウイルスバスター ビジネスセキュリティ9.0 以降



回避策

   
対象バージョンをご使用の場合、スマートクエリフィルタ最適化後、自動的に一度に配信される同時配信数は初期設定では5台に制限されます。
お客様側の事前準備は不要です。
 
配信数の増加等、変更は手動で実施することができます。変更する場合は次の設定方法をご確認ください。
 

設定方法

アップデートをダウンロードできるクライアント数などを設定するには、以下の手順を行ってください。
  1. 以下のディレクトリに存在する「ptngrowth.ini 」ファイルをテキストエディタで開きます。

    ・ウイルスバスター Corp. サーバの場合:
    \Program Files\Trend Micro\OfficeScan\PCCSRV\WSS

    ・ビジネスセキュリティ サーバの場合:
    \Program Files\Trend Micro\Security Server\PCCSRV\WSS

    ・スタンドアロンスマートスキャンサーバの場合:
    /var/tmcss/conf


  2. [COOLDOWN]項目を検索し、次のパラメータを必要に応じて変更します。

    MAX_UPDATE_CONNECTION=5
    UPDATE_WAIT_SECOND=15
    COOL_DOWN_ELAPSE_DAY=7

    以下のパラメータは記載されていない場合があります。設定したい場合は手動で追記してください。

    COOL_DOWN_ELAPSE_DAY=7
    [パラメータの意味]
    ・MAX_UPDATE_CONNECTION:
    フルサイズ (27 MB) のBF.ptnを同時にダウンロードできるクライアントの最大数

    ・UPDATE_WAIT_SECOND:
    次の"MAX_UPDATE_CONNECTION"で指定された台数のクライアントのアップデートを開始するまでの待機時間 (単位: 秒)

    ・COOL_DOWN_ELAPSE_DAY:
    これらの設定を有効にする日数


  3. ptngrowth.iniファイルを上書き保存します。

  4. サービスの再起動を実施します。
    統合スマートスキャンサーバの場合は、Trend Micro Smart Scan Server サービスを再起動します。
    スタンドアロンスマートスキャンサーバの場合は、コマンドにて「killall -HUP VSAPIInfo」を実行します。
Premium
Internal
評価:
カテゴリ:
アップデート/配信
Solution Id:
1309954
ご提案/ご意見
このソリューションはお役に立ちましたか?

フィードバックありがとうございました!

いただいたご提案/ご意見に関して、トレンドマイクロから詳細確認のため、Eメールを送付させていただく場合がありますので、Eメールアドレスを入力してください:
入力いただいたEメールアドレスはソリューション改善のためだけに使用いたします.

*こちらに技術的なご質問などをいただきましてもご返答する事ができません.

何卒ご了承いただきますようお願いいたします.


To help us improve the quality of this article, please leave your email here so we can clarify further your feedback, if neccessary:
We will not send you spam or share your email address.

*This form is automated system. General questions, technical, sales, and product-related issues submitted through this form will not be answered.


ユーザーガイド