ビジネスサポートポータルアカウントでログイン
変更監視ルールの「ファイル名」や「値の名前」に登録可能なアイテム数  

変更監視ルールの「ファイル名」や「値の名前」に登録可能なアイテム数

    • 更新日:
    • 3 Sep 2019
    • 製品/バージョン:
    • Trend Micro Deep Security 10.All
    • Trend Micro Deep Security 11.All
    • Trend Micro Deep Security 12.All
    • Trend Micro Deep Security 9.5
    • Trend Micro Deep Security 9.6
    • OS:
    • Linux すべて
    • Windows すべて
概要
新規 変更監視(Integrity Monitoring)ルールの作成時に指定が可能な 「ファイル名」および「値の名前」(以下の項目)に登録可能なアイテム数を教えてください。
・次のような名前のファイルを含む / Include Files With Names Like
・次のような名前のファイルを含まない / Exclude Files With Names Like
・次のような名前の値を含む / Include Values With Names Like
・次のような名前の値を含まない / Exclude Values With Names Like
詳細
Public

Deep Security 9.0 以降より、”Deep Packet Inspection”および”DPI” が"侵入防御" に名称変更されました。

いずれの項目も登録数による制限は設けられていません。 従って、実装上はご使用中のデータベースが許す限り(例えば、DBの最大値サイズの2Gまでなど)登録は可能です。

実装上の制限はありませんが、データベースサイズが限界に近づくと Deep Security は正常に動作しなくなります。また、あまりに多くのアイテムを監視対象とした場合(Cドライブ以下全てのファイルを対象とするなど)、リソースの消費、処理パフォーマンスに多大な影響が出ることが懸念されます。

消費されるリソースやパフォーマンスデータはご利用の環境に大きく依存するため、弊社では指針となるデータのご用意はございません。多くのアイテムを監視対象にすることをご検討の場合は、必ず事前の検証を十分に実施の上で、本番環境でのご利用をお願いします。
Premium
Internal
評価:
カテゴリ:
機能/仕様
Solution Id:
1310131
ご提案/ご意見
このソリューションはお役に立ちましたか?

フィードバックありがとうございました!

いただいたご提案/ご意見に関して、トレンドマイクロから詳細確認のため、Eメールを送付させていただく場合がありますので、Eメールアドレスを入力してください:
入力いただいたEメールアドレスはソリューション改善のためだけに使用いたします.

*こちらに技術的なご質問などをいただきましてもご返答する事ができません.

何卒ご了承いただきますようお願いいたします.


To help us improve the quality of this article, please leave your email here so we can clarify further your feedback, if neccessary:
We will not send you spam or share your email address.

*This form is automated system. General questions, technical, sales, and product-related issues submitted through this form will not be answered.


ユーザーガイド