ビジネスサポートポータルアカウントでログイン
カスタムルールの作成および既存ルールのカスタマイズについて  

カスタムルールの作成および既存ルールのカスタマイズについて

    • 更新日:
    • 29 Aug 2019
    • 製品/バージョン:
    • Trend Micro Deep Security 10.0
    • Trend Micro Deep Security 11.0
    • Trend Micro Deep Security 12.0
    • Trend Micro Deep Security 9.5
    • Trend Micro Deep Security 9.6
    • Trend Micro Deep Security as a Service All.All
    • Trend Micro Virtual Patch for Endpoint 2.0
    • OS:
    • Linux すべて
    • UNIX すべて
    • Windows すべて
概要
ファイアウォール、侵入防御 (Deep Packet Inspeciton)、変更監視、セキュリティログ監視機能において、カスタムルール (独自のルール) の新規作成およびトレンドマイクロからアップデートされるルールのカスタマイズは可能ですか。また、可能な場合はサポートポリシーを教えてください。
詳細
Public

カスタムルールの新規作成、既存ルールのカスタマイズ

Deep Security (以下、DS) 、Trend Micro Virtual Patch for Endpointの製品の実装上、各種機能におけるカスタムルールの新規作成、および既存ルールのカスタマイズは可能です (ファイアウォール以外のルールにおいては、カスタマイズは、設定オプションがあるルールのみ可能となります)。
 

カスタムルールのサポートポリシー

残念ながら弊社サポートセンターでは、個別の各種ルールの新規作成、およびカスタマイズの支援は承っておりませんので、新規作成、カスタマイズをする場合は、管理者ガイドや製品 Q&A などの公開情報をご参照のうえ、お客さまの責任の範囲で作成および検証の実施をお願いします。
スタンダードサポートにおけるサポート対象範囲については、関連リンクもあわせてご参照ください。
例外として、一部のネットワーク環境では、Deep Securityの通信の検査機能に関連した問題が発生した際に、特定の通信の検査を対象外にするバイパスルールを作成する必要がある場合があります。バイパスルールについてはお客様環境における問題解決のために、作成方法に関するサポートをご案内可能な範囲でご提供しております。
Premium
Internal
評価:
カテゴリ:
操作方法/設定
Solution Id:
1310263
ご提案/ご意見
このソリューションはお役に立ちましたか?

フィードバックありがとうございました!

いただいたご提案/ご意見に関して、トレンドマイクロから詳細確認のため、Eメールを送付させていただく場合がありますので、Eメールアドレスを入力してください:
入力いただいたEメールアドレスはソリューション改善のためだけに使用いたします.

*こちらに技術的なご質問などをいただきましてもご返答する事ができません.

何卒ご了承いただきますようお願いいたします.


To help us improve the quality of this article, please leave your email here so we can clarify further your feedback, if neccessary:
We will not send you spam or share your email address.

*This form is automated system. General questions, technical, sales, and product-related issues submitted through this form will not be answered.


ユーザーガイド