ビジネスサポートポータルアカウントでログイン
Microsoft Exchange Server と ウイルスバスター コーポレートエディションクライアントを同居させる場合の注意点  

Microsoft Exchange Server と ウイルスバスター コーポレートエディションクライアントを同居させる場合の注意点

    • 更新日:
    • 17 Jul 2017
    • 製品/バージョン:
    • ウイルスバスター コーポレートエディション 10.0
    • ウイルスバスター コーポレートエディション 10.5
    • ウイルスバスター コーポレートエディション 10.6
    • ウイルスバスター コーポレートエディション 11.0
    • ウイルスバスター コーポレートエディション 8.0
    • OS:
    • Windows すべて
概要
Microsoft Exchange Server と ウイルスバスター コーポレートエディション(以降、ウイルスバスター Corp.)クライアントを同居させる場合の注意点はありますか。
詳細
Public
ウイルスバスターCorp. クライアントをMicrosoft Exchange Server を同居させる場合、Microsoft Exchange Server の作業フォルダを検索除外フォルダとして設定する必要があります。

ウイルスバスター Corp. の検索除外の設定方法については、以下の製品Q&Aをご参照ください。
製品Q&A「検索除外の設定方法

Microsoft Exchange Server における作業フォルダにつきましては、コンピュータ製造元または Microsoft 社にお問い合わせください。

参考情報:
 - Exchange 2007 でのファイル レベルのウイルス対策スキャン
 <http://technet.microsoft.com/ja-jp/library/bb332342(EXCHG.80).aspx>

 - Exchange 2010 でのファイル レベルのウイルス対策スキャン
 <http://technet.microsoft.com/ja-jp/library/bb332342(EXCHG.140).aspx>

Premium
Internal
Partner
評価:
カテゴリ:
機能/仕様
Solution Id:
1310594
ご提案/ご意見
このソリューションはお役に立ちましたか?

フィードバックありがとうございました!


*こちらに技術的なご質問などをいただきましてもご返答する事ができません.

何卒ご了承いただきますようお願いいたします.


To help us improve the quality of this article, please leave your email here so we can clarify further your feedback, if neccessary:
We will not send you spam or share your email address.

*This form is automated system. General questions, technical, sales, and product-related issues submitted through this form will not be answered.


ユーザーガイド