ビジネスサポートポータルアカウントでログイン
Firewallイベント:Unsolicted ICMP  

ファイアウォールイベント:許可されていないICMP応答 (Unsolicted ICMP)

    • 更新日:
    • 6 Nov 2019
    • 製品/バージョン:
    • Trend Micro Deep Security 10.0
    • Trend Micro Deep Security 11.0
    • Trend Micro Deep Security 12.0
    • Trend Micro Deep Security 9.5
    • Trend Micro Deep Security 9.6
    • Trend Micro Deep Security as a Service All.All
    • OS:
    • Linux すべて
    • UNIX すべて
    • Windows All
概要
ICMP ステートフル機能を有効にした後、ファイアウォールイベントに「許可されていないICMP応答 (Unsolicted ICMP) 」が記録されます。原因と対策について教えてください。 
詳細
Public
■原因
ICMPステートフル機能は、送信ICMPパケットごとに、ルールがそのICMP「ステートフル」テーブルをアップデートし、要求に対して60秒以内にICMP応答が発生した場合のみ、ICMP応答を許可します。
未承諾の受信ICMPパケットを受信した場合は、このイベントが記録されて、未承諾の受信ICMPパケットは破棄されます。
なお、ファイアウォールルールが一つも割り当てられていない場合でも、ステートフル設定が有効になっていると、このようなICMPパケットは拒否されます。
■対策
上記の理由により記録されるイベントとなりますので、特に対策の必要はありません。
なお、ICMPステートフル機能を使用している環境において、特定の受信ICMPトラフィックを任意に許可したい場合は、該当の通信を「強制的に許可」するルール(Force Allow ルール)を作成する必要があります。たとえば、該当のサーバに対する外部からpingを許可したい場合、Type(種類)が「8 Echo」に対して受信する ICMP パケットを強制的に許可するルールを作成する必要があります。
また、パケット破棄時に本イベントを記録しないようにするには、次の設定を行ってください。

DS 9.5, 9.6, 10.0

コンピュータの詳細画面から、[設定]>[詳細]画面の[ネットワークエンジンの詳細設定]欄にある、[ステータスコードの無視]で[許可されていないICMP応答]を選択します。

DS 11.0, 12.0

コンピュータの詳細画面から、[設定]>[詳細]画面の[ネットワークエンジンの詳細オプション]欄にある、[ステータスコードの無視]で[許可されていないICMP応答]を選択します。

Premium
Internal
評価:
カテゴリ:
操作方法/設定
Solution Id:
1311732
ご提案/ご意見
このソリューションはお役に立ちましたか?

フィードバックありがとうございました!

いただいたご提案/ご意見に関して、トレンドマイクロから詳細確認のため、Eメールを送付させていただく場合がありますので、Eメールアドレスを入力してください:
入力いただいたEメールアドレスはソリューション改善のためだけに使用いたします.

*こちらに技術的なご質問などをいただきましてもご返答する事ができません.

何卒ご了承いただきますようお願いいたします.


To help us improve the quality of this article, please leave your email here so we can clarify further your feedback, if neccessary:
We will not send you spam or share your email address.

*This form is automated system. General questions, technical, sales, and product-related issues submitted through this form will not be answered.


ユーザーガイド