ビジネスサポートポータルアカウントでログイン
ディスクアクセスが頻繁に発生するサーバ/クライアントに、ウイルスバスタービジネスセキュリティが負荷を与える際の回避策  

ディスクアクセスが頻繁に発生するサーバ/クライアントに、ウイルスバスタービジネスセキュリティが負荷を与える際の回避策

    • 更新日:
    • 22 Aug 2017
    • 製品/バージョン:
    • ウイルスバスター ビジネスセキュリティ 7.0
    • ウイルスバスター ビジネスセキュリティ 9.0
    • ウイルスバスター ビジネスセキュリティ 9.5
    • OS:
    • Windows すべて
概要
ウイルスバスタービジネスセキュリティ(以下、ビジネスセキュリティ)において、リアルタイム検索の「リアルタイム検索方法」に入出力の設定を行っている場合に、該当マシンへの負荷(ファイルのバックアップ処理に時間を要するなど)が生じる問題が確認されております。
 
本製品Q&Aでは、その原因と本現象が発生した際の回避策についての説明をしています。
詳細
Public
ディスクアクセスを頻繁に発生させるアプリケーションとビジネスセキュリティクライアントが同一のサーバ/クライアント上で稼動している場合に、リアルタイム検索が原因で該当のサーバ/クライアントへ負荷を与える可能性があります。
 
 
リアルタイム検索では、ディスクI/Oが発生した際にリアルタイムにてファイルの検索を行います。このためディスクアクセスが極度に集中するファイルが検索対象となっている場合に該当のリソースに対して負荷を与える可能性があります。
 
 
データベースソフトやバックアップソフトなどの、短期間に多量のファイルアクセスが発生するアプリケーションがビジネスセキュリティクライアントと同一のマシンにて稼動している場合は、次の回避策を実施してください。
 
 

回避策

 
●検索除外設定を行う
 
データベースソフトにおいては、データベースファイルが格納されているフォルダを検索除外に設定することで、リアルタイム検索により発生するディスクアクセスを低減することができます。
 
バックアップソフトにおいては、バックアップファイルが作成されるフォルダを検索除外とすることで、リアルタイム検索により発生するディスクアクセスを低減することができます。
 
 
検索除外の設定方法は、以下の製品Q&Aをご確認ください。
 
Premium
Internal
評価:
カテゴリ:
操作方法/設定
Solution Id:
1312614
ご提案/ご意見
このソリューションはお役に立ちましたか?

フィードバックありがとうございました!

いただいたご提案/ご意見に関して、トレンドマイクロから詳細確認のため、Eメールを送付させていただく場合がありますので、Eメールアドレスを入力してください:
入力いただいたEメールアドレスはソリューション改善のためだけに使用いたします.

*こちらに技術的なご質問などをいただきましてもご返答する事ができません.

何卒ご了承いただきますようお願いいたします.


To help us improve the quality of this article, please leave your email here so we can clarify further your feedback, if neccessary:
We will not send you spam or share your email address.

*This form is automated system. General questions, technical, sales, and product-related issues submitted through this form will not be answered.


ユーザーガイド