ビジネスサポートポータルアカウントでログイン
ウイルスバスタービジネスセキュリティ クライアントを Windows Vista 、Windows 7、8、8.1、10 及び Windows Server 2008、2012、2012 R2 にインストールする場合の注意事項  

ウイルスバスタービジネスセキュリティ クライアントを Windows Vista 、Windows 7、8、8.1、10 及び Windows Server 2008、2012、2012 R2 にインストールする場合の注意事項

    • 更新日:
    • 17 Jul 2017
    • 製品/バージョン:
    • ウイルスバスター ビジネスセキュリティ 7.0
    • ウイルスバスター ビジネスセキュリティ 9.0
    • OS:
    • Windows すべて
概要
ウイルスバスタービジネスセキュリティ(以下、ビジネスセキュリティ) クライアントを
 Windows Vista 、Windows 7、8、8.1、10 及び Windows Server 2008、2012、2012 R2にインストールする場合に注意する事項について教えてください。
詳細
Public
ビジネスセキュリティ クライアントを Windows Vista 、Windows 7、8、8.1、10 及び Windows Server 2008、2012、2012 R2にインストールする場合、以下の各インストール方法の項目にご注意ください。
 

Client Packager

 
  • ビルトイン管理者アカウント(管理者グループの管理者アカウント)を使用します。
     
    (ビルトイン管理者アカウントを使用したインストールを推奨しますが、もし、ユーザにて作成した管理者アカウントでインストールを行う場合には、ユーザアカウント制御を一時的に無効にしていただく必要があります。)
     
  • Client Packager で作成した自己解凍形式のファイルを右クリックして、[管理者として実行] をクリックしてください。
 
 

ログオンスクリプトによるインストール

 
  • ログオンスクリプトによる autopcc.exe の実行は コンピュータにビジネスセキュリティ クライアントを自動的にインストールできません。インストールするには、以下の手順を行ってください。 
 
<操作手順>
  1. \\<ビジネスセキュリティ サーバ名>\ofcscan フォルダに接続します。
     
  2. AutoPcc.exe を右クリックして、[管理者として実行] をクリックします。
 
 

インストール用 Web ページからのインストール

 
  • ビルトイン管理者アカウント(管理者グループの管理者アカウント)を使用します。
     
    ※ ビルトイン管理者アカウントを使用したインストールを推奨しますが、ユーザにて作成した管理者アカウントでインストールを行う場合、以下のどちらかの方法を行ってください。

    -ユーザアカウント制御を一時的に無効
     
    -Internet Explorer を管理者として実行
     Internet Explorer アイコン上で右クリックし、[管理者として実行] をクリックして起動します。
     
     
  • Internet Explorer のセキュリティ設定でActiveX Control の実行を有効にします。
 
<操作手順>
  1. Internet Explorer を起動し、インターネットオプションを開きます。
     
  2. [セキュリティ] タブを開き、[ローカル イントラネット]または[信頼済みサイト] を選択します。
     
    ※どちらを選択すべきかはビジネスセキュリティ サーバがブラウザ上でどちらで認識されているかによります。
     
    ビジネスセキュリティの管理コンソールを開いた際、ブラウザの右下にゾーンが表示されますので、確認します。もしも[インターネット]等、他のゾーンで認識されている場合、ビジネスセキュリティサーバを信頼済みサイトへ追加した上で[信頼済みサイト]の設定を確認してください。
     
  3. [レベルのカスタマイズ] をクリックし、下記の設定を行います。
     
    - ActiveXコントロールとプラグインの実行:
     「有効にする」、または「ダイアログを表示する」

    - 署名されたActiveXコントロールのダウンロード:
     「ダイアログを表示する」
     
    - スクリプトを実行しても安全だとマークされているActiveXコントロールのスクリプトの実行:
     「有効」
     
    - ActiveXコントロールに対して自動的にダイアログを表示:
     「有効」
     
  4. [OK] をクリックします。
     
  5. 「このゾーンの設定を変更しますか?」というメッセージが表示されたら、「はい(Y)」をクリックします。
     
  6. [OK] をクリックして、インターネットオプションのウインドウを閉じます。
 
 
  • クライアントコンピュータで64 ビットOS を使用している場合、32 ビット版向けの Internet Explorer を使用する必要があります。
 
 

リモートインストールまたは脆弱性検索ツールによるインストール

  
  • ビルトイン管理者アカウント(管理者グループの管理者アカウント)のパスワードを設定し、このアカウントを使用します。
     
     
  • Windows ファイアウォールを無効にします。
 
<操作手順>
  1. [スタート] ボタン → [コントロール パネル] → [Windows ファイアウォール] をクリックします。
  2. [設定の変更]をクリックし(※)、[無効 (推奨されません)] にチェックを入れ、[OK] をクリックします。
    (※)ユーザアカウント制御(UAC)が有効な場合、操作続行のメッセージが表示されます。
 
  • Remote Registryサービスを手動で起動します。
 
<操作手順>
  1. [スタート] ボタン → [ファイル名を指定して実行] をクリックします。
  2. 「services.msc」と入力して、 [OK] をクリックします。
  3. [Remote Registry] サービスを右クリックして、[開始] をクリックします。
 
Premium
Internal
評価:
カテゴリ:
インストール; 操作方法/設定
Solution Id:
1312661
ご提案/ご意見
このソリューションはお役に立ちましたか?

フィードバックありがとうございました!

いただいたご提案/ご意見に関して、トレンドマイクロから詳細確認のため、Eメールを送付させていただく場合がありますので、Eメールアドレスを入力してください:
入力いただいたEメールアドレスはソリューション改善のためだけに使用いたします.

*こちらに技術的なご質問などをいただきましてもご返答する事ができません.

何卒ご了承いただきますようお願いいたします.


To help us improve the quality of this article, please leave your email here so we can clarify further your feedback, if neccessary:
We will not send you spam or share your email address.

*This form is automated system. General questions, technical, sales, and product-related issues submitted through this form will not be answered.


ユーザーガイド