ビジネスサポートポータルアカウントでログイン
保存できる差分ファイルの世代数について  

保存できる差分ファイルの世代数について

    • 更新日:
    • 17 Jul 2017
    • 製品/バージョン:
    • ServerProtect for Linux 3.0
    • OS:
    • Linux すべて
概要
ServerProtect for Linuxで保持する差分パターンファイルの世代数を教えてください。
詳細
Public

ServerProtect for Linux(以下、SPLX)では、ウイルス検索パターンファイル (lpt$vpn.xxx)とスパイウェア検索パターンファイル(ssaptn.xxx)を使用します。

それぞれのパターンファイルで対応している差分アップデートは
下記の世代数となります。

ウイルス検索パターンファイル     14世代
スパイウェア検索パターンファイル 7世代

<差分アップデートの具体例>

差分アップデート更新に対応した製品は、最新のパターンファイルへ更新を行う際、過去の世代内からの更新であるかを判断します。
SPLXの場合、上記の世代内からの更新であれば、差分ファイルのダウンロードのみで更新が可能です。

例えば、最新のウイルスパターンファイル番号が「200」(lpt$vpn.200)とします。すると、14世代前のパターンファイルは「172」となり、このパターンまでSPLXが保持している場合、差分ファイルのみのダウンロードでアップデートが可能になります。
これより古いパターンファイルしか保持していない場合、差分ファイルのダウンロードは行われずフルパターンダウンロードとして最新のパターンがダウンロードされます。

弊社ActiveUpdateサーバ上やTrend Micro Control Manager上などのアップデート元には14世代分の差分ファイルが保存されています。

============================================================
例)
最新のパターンファイル:200
差分パターンファイル:
 1世代→v_198.200
 2世代→v_196.200
 3世代→v_194.200
   ・
   ・
   ・
 14世代→v_172.200
============================================================

なお、実際の製品のインストールディレクトリに存在する各コンポーネントは、最新のウイルスパターンファイルと1世代前のウイルスパターンファイル2つが存在します。
古いウイルスパターンファイルはアップデート時に自動的に削除される仕組みとなります。

Premium
Internal
Partner
評価:
カテゴリ:
機能/仕様; 操作方法/設定
Solution Id:
1312779
ご提案/ご意見
このソリューションはお役に立ちましたか?

フィードバックありがとうございました!

いただいたご提案/ご意見に関して、トレンドマイクロから詳細確認のため、Eメールを送付させていただく場合がありますので、Eメールアドレスを入力してください:
入力いただいたEメールアドレスはソリューション改善のためだけに使用いたします.

*こちらに技術的なご質問などをいただきましてもご返答する事ができません.

何卒ご了承いただきますようお願いいたします.


To help us improve the quality of this article, please leave your email here so we can clarify further your feedback, if neccessary:
We will not send you spam or share your email address.

*This form is automated system. General questions, technical, sales, and product-related issues submitted through this form will not be answered.


ユーザーガイド