ビジネスサポートポータルアカウントでログイン
ウイルスバスター Corp. 情報漏えい対策オプション の調査に必要な情報について  

ウイルスバスター Corp. 情報漏えい対策オプション の調査に必要な情報について

    • 更新日:
    • 15 Mar 2020
    • 製品/バージョン:
    • ウイルスバスター コーポレートエディション 11.0
    • ウイルスバスター コーポレートエディション XG.0
    • OS:
    • Windows すべて
概要

ウイルスバスター Corp. 情報漏えい対策オプション(以下、情報漏えい対策オプション) およびデバイスコントロールの調査に必要な情報について教えてください。

詳細
Public

情報漏えい対策オプションのライセンスについて

情報漏えい対策オプションが、正常に動作しない場合、まずは、ライセンスが有効かどうか、ご確認ください。
情報漏えい対策オプションのライセンス情報の確認手順は以下の通りです。

  1. [プラグイン]>[ウイルスバスター Corp. 情報漏えい対策オプション]セクションで[プログラムの管理]をクリックします。
  2. [ウイルスバスター Corp. 情報漏えい対策オプション]画面の左上[ライセンス情報の表示]をクリックします。
  3. [ウイルスバスター Corp. 情報漏えい対策オプション ライセンスの詳細]画面をご確認ください。


調査に必要な情報について

情報漏えい対策オプションおよびデバイスコントロールの調査に必要な情報は、基本的に以下となります。
※デバックログを採取する際には、タイムテーブルのメモをお願いいたします。

情報漏えい対策オプション サーバ側

  • 環境の基本情報、及び事象再現時のデバックログ
    Case Diagnostic Tool にて[BasicInfomation] を選択し、
    事象発生時にデバックを有効にする事で採取が可能です。
  • 設定が把握できるようなスクリーンショット
  • <インストールフォルダ>\PCCSRV\Private\dlp.ini
  • <インストールフォルダ>\PCCSRV\HTTPDB


情報漏えい対策オプション クライアント側

  • 環境の基本情報、及び事象再現時のデバックログ
    Case Diagnostic Tool にて[BasicInfomation]および[Data Loss Prevention] を選択し、
    事象発生時にデバックを有効にする事で採取が可能です。
  • USBデバイス情報(USBデバイスが関連する場合のみ)
    1. ①ウイルスバスター Corp.サーバのインストールフォルダ配下にある、「.\PCCSRV\Admin\Utility\ListDeviceInfo\listDeviceInfo.exe」ファイルを、許可リストに登録したいUSBストレージデバイスが接続されたコンピュータ上へコピーします。
    2. ②listDeviceInfo.exeをダブルクリックします。
    3. ③ブラウザ上にデバイスの情報が表示されますので、スクリーンショットを採取します。
  • <インストールフォルダ>\OfficeScan Client\dlp.ini
  • <インストールフォルダ>\OfficeScan Client\dlplite\dc_in.xml
  • <インストールフォルダ>\OfficeScan Client\dlplite\dc_out.xml


手動でデバックログを採取する手順について

情報漏えい対策オプション クライアントにて、情報漏えい対策オプションおよびデバイスコントロールのデバッグログを手動で取得するには、次の手順を参考にしてください。

(1) 以下のリンクから Logger.cfg をダウンロードします。

 Logger.cfg

(2) デバッグログの取得対象となるウイルスバスター コーポレートエディション (以下 Corp.) クライアント上に C:\Log フォルダを作成し、ダウンロードした Logger.cfg をそこに保存します。

(3) 次のレジストリを作成します。


   キー名: 
 (32bit OSの場合) 
 HKLM\SOFTWARE\TrendMicro\PC-cillinNTCorp\CurrentVersion\DlpLite


 (64bit OSの場合) 
 HKLM\Software\Wow6432Node\TrendMicro\PC-cillinNTCorp\CurrentVersion\DlpLite

   名前: debugcfg
   種類: REG_SZ
   データ: C:\Log\logger.cfg

※権限とその他の設定の「ウイルスバスター Corp.クライアントのレジストリキーを保護する」が有効な場合、レジストリの作成をすることができません。一時的にこの機能を無効化する必要があります。
<Corp. 10.x の画面>
<Corp. 11.0 の画面>


(4) [クライアント] > [クライアント管理] のクライアントツリーで、[設定] > [デジタル資産の制御設定] から、「保存して設定をクライアントに適用」ボタンを押下します。

   *「デジタル資産の制御を有効にする」のチェックが外れていても問題ありません。設定を再配信すること自体で、デバッグログが有効化されます。

(5) C:\Log フォルダ以下に、dlp.<Computer Name>.log といったファイル名のログが出力されます。


デバッグログの出力を無効化するには、追加したレジストリ、および、logger.cfg を削除した後、再度、[設定] > [デジタル資産の制御設定] から、「保存して設定をクライアントに適用」ボタンを押下します。

Premium
Internal
Partner
評価:
カテゴリ:
動作トラブル
Solution Id:
1312856
ご提案/ご意見
このソリューションはお役に立ちましたか?

フィードバックありがとうございました!


*こちらに技術的なご質問などをいただきましてもご返答する事ができません.

何卒ご了承いただきますようお願いいたします.


To help us improve the quality of this article, please leave your email here so we can clarify further your feedback, if neccessary:
We will not send you spam or share your email address.

*This form is automated system. General questions, technical, sales, and product-related issues submitted through this form will not be answered.


ユーザーガイド