ビジネスサポートポータルアカウントでログイン
ドメインごとに異なる予約アップデートスケジュールを設定したい  

ドメインごとに異なる予約アップデートスケジュールを設定したい

    • 更新日:
    • 15 Mar 2020
    • 製品/バージョン:
    • ウイルスバスター コーポレートエディション 10.6
    • ウイルスバスター コーポレートエディション 11.0
    • ウイルスバスター コーポレートエディション XG.All
    • OS:
    • Windows すべて
概要
ウイルスバスターコーポレートエディション(以下、ウイルスバスター Corp.) で、ドメインごとに異なる予約アップデートスケジュールを設定したいのですが可能ですか?
詳細
Public
ウイルスバスターCorp. 10.6 に同梱されているツールを使用して、ドメインごとに異なる予約アップデートスケジュールを設定できるようになりました。
 
 

手順

 
設定手順は次のとおりです。
 
  1. 下記フォルダ内にある、2つのファイルを、別のフォルダにコピーします。
     
     

    <インストールフォルダ>\PCCSRV\Admin\Utility\DomainScheduledUpdate
    ・DomainSetting.ini
    ・dsu_convert.exe

    【コピー先フォルダ】
    <インストールフォルダ>\PCCSRV\


    ※ <インストールフォルダ> は初期設定では以下です。
     
    32bit版の場合:
    C:\Program Files\Trend Micro\OfficeScan
     
    64bit版の場合:
    C:\Program Files (x86)\Trend Micro\OfficeScan
     
     
  2. コピーした DomainSetting.ini をテキストフォルダで開き、ドメインごとの予約アップデートの設定を作成します。
     
     
  3. コマンドプロンプトを右クリックして「管理者として実行」し、<インストールフォルダ>\PCCSRV\ に移動して次のコマンドを実行します。

     > dsu_convert.exe DomainSetting.ini


    このコマンド実行により、DomainSetting.ini 設定が変換され、
    <インストールフォルダ>\PCCSRV\ofcscan.ini 内に書き込まれます。
     
    次のように、すべての結果が「Done.」であれば ofcscan.ini に正しく設定が反映されています。
     
     

    設定値が正しくない場合、次のような結果(一例)が表示されます。
     

     
    この場合、ofcscan.ini へ設定は反映されていません。
    値を設定し直したうえで再度コマンドを実行する必要があります。
     
     
  4. 設定を反映させるため、Web コンソール上より下記をクリックします。
     
    ウイルスバスター Corp. 10.6 以前
    [ネットワーク上のコンピュータ] → [グローバルクライアント設定] → [保存]

    ウイルスバスター Corp. 11
    [クライアント]→[グローバルクライアント設定]→[保存]

    ウイルスバスター Corp. XG
    [クライアント]→[グローバルクライアント設定]→[保存]

     
     
     
  5. 予約アップデートが有効になっていない場合は、次の設定を保存します。
     
    各ドメイン・クライアントの [設定] → [権限とその他の設定] → [その他の設定]
    → 「予約アップデートの有効化」にチェックを入れる → [保存]
 
 
次の項目で設定したアップデート時刻などの設定は、本ツールによる設定で上書きされます。 

[アップデート] → [ネットワーク上のコンピュータ] ( [クライアント] )→ [自動アップデート]


ツールの設定を配信した後に、Webコンソール上で自動アップデート設定を保存しても、ツールの設定は上書きされません。常にツールによる設定が優先されます。
 
ツールによる設定の対象外となっているドメイン配下のクライアントは、Webコンソール上の自動アップデートの設定項目で設定した予約アップデート時刻が適用されます。
 
 
 
以下、DomainSetting.ini 内の各パラメータの説明です。
 

ScheduleUpdateInterval

 
分間隔でアップデートを行う場合、5, 10, 15, 30, 45 のいずれかの数値を設定します。
数時間間隔でアップデートを行う場合は、(1から23) × 60 の数値を設定します。
 
例)
2 時間間隔の場合は 120
毎日アップデートを行う場合は 1440
毎週アップデートを行う場合は 10080
 
 

ScheduleUpdateStartWeekday

 
アップデート間隔を毎週 (ScheduleUpdateInterval=10080) に設定した場合にのみ
有効なパラメータです。
 
予約アップデートを行う曜日を指定します。
1は月曜日、2は火曜日と続き、7が日曜日を表します。
 
 

ScheduleUpdateStartHour

 
アップデート間隔が毎日 (ScheduleUpdateInterval=1440)、または、
毎週 (ScheduleUpdateInterval=10080) の場合にのみ有効なパラメータです。
 
そうでない場合はこのパラメータは無視されます。
ここでは、予約アップデートが開始する時間を設定します。
設定値の範囲は、0 から 23 までです。
 
 

ScheduleUpdateStartMin

 
アップデート間隔が毎日 (ScheduleUpdateInterval=1440)、または、
毎週 (ScheduleUpdateInterval=10080) の場合にのみ有効なパラメータです。
 
そうでない場合はこのパラメータは無視されます。
ここでは、予約アップデートが開始する分を設定します。
設定値の範囲は、0 から 59 までです。

 

ScheduleUpdateCompletePeriod

 
アップデート間隔が毎日 (ScheduleUpdateInterval=1440)、または、
毎週 (ScheduleUpdateInterval=10080) の場合にのみ有効なパラメータです。
 
予約アップデートが、設定した時刻から何分以内に実行されるかを決めます。
何分以内に実行されるかはランダムに決まります。
 
ドメイン内のクライアントが同時刻にアップデートを実行しないようにするための負荷分散の設定です。
 
(1 ~ 23) × 60 の数値を設定します。
 
 

ScheduledUpdateEnableUpdateConfigurationsOnlyOncePerDay

 
※ 現在の仕様では 1 はご利用いただけず、0 のみ利用可能です。
 
ウイルスバスター Corp.クライアントが予約アップデート実行時に、
ウイルスバスター Corp.サーバと設定の同期を行うかどうかを決めるパラメータです。
 
値が1の場合:
ウイルスバスター Corp.クライアントは予約アップデートの実行時に
ウイルスバスター Corp.サーバから設定情報を1日に1回のみ取得しそれ以降は設定の取得を行いません。
 
値が0の場合:
ウイルスバスター Corp.クライアントは予約アップデートの実行時に
ウイルスバスター Corp.サーバから設定情報を常に取得します。
 
 
 
設定例を次のとおり紹介します。次のような階層ドメイン構造が存在すると仮定します。
 


[A]         // ドメイン A 配下のクライアントに適用される設定です
ScheduleUpdateInterval=120        // 2 時間おきに予約アップデートを行います
ScheduleUpdateStartWeekday=1     // この設定は無視されます
ScheduleUpdateStartHour=10        // この設定は無視されます
ScheduleUpdateStartMin=15        // この設定は無視されます
ScheduleUpdateCompletePeriod=60        // この設定は無視されます
ScheduledUpdateEnableUpdateConfigurationsOnlyOncePerDay=0       
 // アップデートと同時にクライアント設定も取得します
 
 
[B]       // ドメイン B 配下のクライアントに適用される設定です
ScheduleUpdateInterval=10080       // 毎週予約アップデートを行います
ScheduleUpdateStartWeekday=1        // 月曜日
ScheduleUpdateStartHour=14       // 14 時
ScheduleUpdateStartMin=30       // 30 分
ScheduleUpdateCompletePeriod=120       
 // 設定時刻から 2 時間以内に予約アップデートが実行されます
ScheduledUpdateEnableUpdateConfigurationsOnlyOncePerDay=0        
  // アップデートと同時にクライアント設定も取得します
 
 
[C\C1\C12]       // 階層ドメイン C\C1\C12 配下のクライアントに適用される設定です
ScheduleUpdateInterval=10080
ScheduleUpdateStartWeekday=1
ScheduleUpdateStartHour=14
ScheduleUpdateStartMin=30
ScheduleUpdateCompletePeriod=120
ScheduledUpdateEnableUpdateConfigurationsOnlyOncePerDay=0
 
 
[C]       // ドメイン C、C\C1  配下のクライアントに適用される設定です
ScheduleUpdateInterval=120
ScheduleUpdateStartWeekday=1
ScheduleUpdateStartHour=14
ScheduleUpdateStartMin=30
ScheduleUpdateCompletePeriod=120
ScheduledUpdateEnableUpdateConfigurationsOnlyOncePerDay=0

 
 
階層ドメインの場合、子ドメインは親ドメインの DomainSetting.ini の設定を引き継ぎます。
(子ドメインの設定が別途定義されている場合を除く)
 
 
上記の例の場合、[C] での設定は、ドメイン C およびドメイン C\C1 配下のクライアントに適用されます。
 
ドメイン C\C1\C2 については、 [C\C1\C2] セクションで定義されている設定が反映されます。
 
 

更新履歴

 
 2013/07/31
・ScheduledUpdateEnableUpdateConfigurationsOnlyOncePerDay の値には、0しか設定できないことを追記いたしました。
・ScheduledUpdateEnableUpdateConfigurationsOnlyOncePerDay に1と0を指定された場合の動作説明を修正しました。
 
 
Premium
Internal
Partner
評価:
カテゴリ:
機能/仕様; アップデート/配信
Solution Id:
1312934
ご提案/ご意見
このソリューションはお役に立ちましたか?

フィードバックありがとうございました!


*こちらに技術的なご質問などをいただきましてもご返答する事ができません.

何卒ご了承いただきますようお願いいたします.


To help us improve the quality of this article, please leave your email here so we can clarify further your feedback, if neccessary:
We will not send you spam or share your email address.

*This form is automated system. General questions, technical, sales, and product-related issues submitted through this form will not be answered.


ユーザーガイド