ビジネスサポートポータルアカウントでログイン
HDDイメージコピーツール等によって複数のコンピュータへ単一HDDイメージを展開する場合の注意事項  

HDDイメージコピーツール等によって複数のコンピュータへ単一HDDイメージを展開する場合の注意事項

    • 更新日:
    • 31 Jul 2019
    • 製品/バージョン:
    • Apex One 2019.0
    • ウイルスバスター コーポレートエディション 10.6
    • ウイルスバスター コーポレートエディション 11.0
    • ウイルスバスター コーポレートエディション XG.All
    • OS:
    • Windows すべて
概要
PCのキッティング作業等で、単一のHDDイメージをGhostやTrue Imageのようなツールを使用して多数のコンピュータへ展開する予定です。
マスターイメージへウイルスバスター コーポレートエディション (以下、ウイルスバスター Corp.)をプレインストールしておく際の注意事項はありますか。

詳細
Public

2019年7月31日に、「ウイルスバスター コーポレートエディション」の後継となる新製品「Trend Micro Apex One」が公開されました。
本製品Q&Aにて、ウイルスバスター コーポレートエディション(以下、ウイルスバスター Corp.) として記載のあるものは、 基本的には、Trend Micro Apex One(以下、Apex One)でも同様となります。

【多数のウイルスバスター Corp. サーバを展開する場合】
ウイルスバスター Corp. サーバはインストール後のIPアドレス/コンピュータ名変更をサポートしておりません。
マスターイメージにはウイルスバスター Corp. サーバをインストールせず、各サーバでの個別設定が完了した後にウイルスバスター Corp. サーバをインストールしてください。

関連製品Q&A: 
製品インストール後に「コンピュータ名/IPアドレス」を変更することはできますか


【多数のウイルスバスター Corp. クライアントを展開する場合】
ウイルスバスター Corp. クライアントをプレインストールしたマスターイメージを複数のPCへ展開する事は可能です。
ただし、マスターイメージとGUID(一意識別子)の重複が発生しますので、GUIDを変更するためのツール(ImgSetup.exe)の実行後にマスターイメージを作成する必要があります。


関連製品Q&A:
ディスクイメージを使用したウイルスバスター コーポレートエディション クライアントのインストール方法


展開するOSの種類が多い等の事情により、ImgSetup.exeの利用が困難な場合には、管理コンソールから接続状態の確認を行なってGUIDの重複を修正する事も可能です。

関連製品Q&A:
imgsetup.exeが使用できない場合にクライアントに一意のGUIDを割り当てる方法

Premium
Internal
評価:
カテゴリ:
インストール
Solution Id:
1313455
ご提案/ご意見
このソリューションはお役に立ちましたか?

フィードバックありがとうございました!

いただいたご提案/ご意見に関して、トレンドマイクロから詳細確認のため、Eメールを送付させていただく場合がありますので、Eメールアドレスを入力してください:
入力いただいたEメールアドレスはソリューション改善のためだけに使用いたします.

*こちらに技術的なご質問などをいただきましてもご返答する事ができません.

何卒ご了承いただきますようお願いいたします.


To help us improve the quality of this article, please leave your email here so we can clarify further your feedback, if neccessary:
We will not send you spam or share your email address.

*This form is automated system. General questions, technical, sales, and product-related issues submitted through this form will not be answered.


ユーザーガイド