ビジネスサポートポータルアカウントでログイン
Trend Micro Deep Security 9.x の使用通信ポート  

Trend Micro Deep Security 9.x の使用通信ポート

    • 更新日:
    • 18 Jun 2019
    • 製品/バージョン:
    • Trend Micro Deep Security 9.0
    • Trend Micro Deep Security 9.5
    • Trend Micro Deep Security 9.6
    • OS:
    • Linux すべて
    • UNIX すべて
    • Virtual Appliance すべて
    • Windows すべて
概要
Trend Micro Deep Security 9.x で使用している通信ポートを教えてください。
詳細
Public

Deep Security 10.0以降をご利用の場合は、Deep Securityヘルプセンターをご参照ください。
※リンク先の画面左上のリストから対象バージョンを選択してください。

DSM : Deep Security Manager
DSA : Deep Security Agent
DSVA : Deep Security Virtual Appliance
DSR : Deep Security Relay
TMCM:Trend Micro Control Manager
DDAN:Deep Discovery Analyzer

Deep Security各コンポーネントでの待受ポート

ポート番号プロトコル方向接続先用途
4119
(初期設定)
TCPIncomingDSM・DSM Webコンソールの待受ポート
・DSVA がセキュリティアップデート要求のさいに利用するポート
・DSVA環境にフィルタドライバインストールする際に、ESXiがドライバ取得のためDSM接続に利用するポート
・DSRがDSMからソフトウェアをダウンロードするポート
・DSAがDSMからアプリケーションコントロール機能のルールセットをダウンロードするポート
・VMware vCenter サーバからDSMへの接続に使用
4120
(初期設定)
TCPIncomingDSM・DSA / DSVAから、DSMへ通信するためのポート
4118
(変更不可)
TCPIncomingDSA
DSVA
・DSMから、DSA / DSVAへ通信するためのポート
4122
(初期設定)
TCPIncomingDSR・DSA / DSVA / DSR が、上位の DSR からパターンファイルなどを取得するために利用するポート

DSAが待ち受けポートとして使用する"4118”ポートは変更不可のため、DSAを利用する端末では他のアプリケーションが"4118"ポートを使用していないことを事前にご確認ください。

ファイアウォール機能を利用していて、割り当てられたファイアウォールルールに登録がない場合でも暗黙的に許可はされています。

各コンポーネントが外部サーバと通信する際に使用する宛先ポート

ポート番号プロトコル方向接続元用途
25
(初期設定)
TCPOutgoingDSM・DSM が通知メールを送信するためのポート
53UDP / TCPOutgoingDSM
DSA
DSVA
DSR
・DSM / DSA / DSVA / DSR による DNS クエリに使用
162
(初期設定)
UDPOutgoingDSM・DSM が利用する SNMP Trap 送信のための宛先ポート
389
(または636)
TCPOutgoingDSM・DSM がLDAPの参照に使用する宛先ポート
443TCP
HTTPS
SOCKS
Outgoing

DSM
DSA
DSVA
DSR

・DSMからVMware vCenter サーバへの接続に使用
・DSVAの配置時に、DSMがESXサーバへプログラムをアップロードするために使用
・DSM / DSVAからVMware vShield Managerへの接続に使用
・DSMからTrend Micro Certified Safe Software Serviceへの接続に使用
・DSRによるアップデートサーバからのアップデートに使用
・DSRが利用できない際、DSA / DSVAによるアップデートサーバからの直接アップデートに使用
・DSA / DSVA / DSRによるGlobal Smart Protectionサービスへのスマートスキャン接続に使用
80TCP
HTTP
SOCKS
OutgoingDSM
DSA
DSVA
DSR

・トレンドマイクロとのアップデートサーバへの接続に使用
・DSA / DSVAによるローカル Smart Protection Serverへの接続に使用
・DSA / DSVAによるGlobal Smart ProtectionサービスへのWebレピュテーション接続に使用
・DSMからライセンスサーバへの接続に使用

5274TCPOutgoingDSA
DSVA
DSR
・DSA / DSVA によるローカル Smart Protection ServerへのWebレピュテーション接続に使用
514
(初期設定)
UDPOutgoingDSM
DSA
DSVA
・Syslog の送信に使用
1433TCPOutgoingDSM・Microsoft SQL Server への接続に使用
(データベースとして外部の SQL Server を使用している場合のみ)
1434UDPOutgoingDSM・Microsoft SQL Server への接続に使用
(データベースとして外部の SQL Server を使用している場合のみ)
1521TCPOutgoingDSM・Oracle への接続に使用
(データベースとして外部のOracle を使用している場合のみ)
Premium
Internal
評価:
カテゴリ:
機能/仕様
Solution Id:
1313476
ご提案/ご意見
このソリューションはお役に立ちましたか?

フィードバックありがとうございました!

いただいたご提案/ご意見に関して、トレンドマイクロから詳細確認のため、Eメールを送付させていただく場合がありますので、Eメールアドレスを入力してください:
入力いただいたEメールアドレスはソリューション改善のためだけに使用いたします.

*こちらに技術的なご質問などをいただきましてもご返答する事ができません.

何卒ご了承いただきますようお願いいたします.


To help us improve the quality of this article, please leave your email here so we can clarify further your feedback, if neccessary:
We will not send you spam or share your email address.

*This form is automated system. General questions, technical, sales, and product-related issues submitted through this form will not be answered.


ユーザーガイド