ビジネスサポートポータルアカウントでログイン
信頼済みプログラムに登録すると何から除外されるのですか  

信頼済みプログラムに登録すると何から除外されるのですか

    • 更新日:
    • 22 Aug 2017
    • 製品/バージョン:
    • ウイルスバスター ビジネスセキュリティ 7.0
    • ウイルスバスター ビジネスセキュリティ 9.0
    • ウイルスバスター ビジネスセキュリティ 9.5
    • OS:
    • Windows すべて
概要
「信頼済みプログラム」にプログラムを登録することで、何から除外されるのかわかりません。ウイルス対策機能や挙動監視機能の除外設定との違いについて教えて下さい。
詳細
Public
「信頼済みプログラム」は、頻繁に使用するI/Oアプリケーションをユーザインタフェースで設定し、リアルタイム検索から除外できます。挙動監視からは除外されません。

例えば、ビジネスセキュリティクライアントがインストールされた環境で、頻繁にデータの入出力が行われるプログラム、データベースサーバやバックアップソフトなどがインストールされていた場合、データの入出力があるたびに、コンピュータに対してウイルス検索の処理が行われるため、ディスクアクセスが頻繁に発生しサーバPCに負荷がかかり、パフォーマンスに影響が出る場合があります。

そのような際に「信頼済みプログラム」に該当のプログラムを登録しておくことで、パフォーマンスに関する問題を防ぐことができます。

 

 

Premium
Internal
評価:
カテゴリ:
機能/仕様
Solution Id:
1313607
ご提案/ご意見
このソリューションはお役に立ちましたか?

フィードバックありがとうございました!

いただいたご提案/ご意見に関して、トレンドマイクロから詳細確認のため、Eメールを送付させていただく場合がありますので、Eメールアドレスを入力してください:
入力いただいたEメールアドレスはソリューション改善のためだけに使用いたします.

*こちらに技術的なご質問などをいただきましてもご返答する事ができません.

何卒ご了承いただきますようお願いいたします.


To help us improve the quality of this article, please leave your email here so we can clarify further your feedback, if neccessary:
We will not send you spam or share your email address.

*This form is automated system. General questions, technical, sales, and product-related issues submitted through this form will not be answered.


ユーザーガイド