ビジネスサポートポータルアカウントでログイン
スタンドアロンモードについて  

スタンドアロンモードについて

    • 更新日:
    • 31 Jul 2019
    • 製品/バージョン:
    • Apex One All.All
    • ウイルスバスター コーポレートエディション 11.All
    • ウイルスバスター コーポレートエディション XG.All
    • OS:
    • Windows すべて
概要
ウイルスバスター コーポレートエディション(以下、ウイルスバスター Corp. ) のスタンドアロンモードについて教えてください。
詳細
Public

2019年7月31日に、「ウイルスバスター コーポレートエディション」の後継となる新製品「Trend Micro Apex One」が公開されました。
本製品Q&Aにて、ウイルスバスター コーポレートエディション(以下、ウイルスバスター Corp.) として記載のあるものは、 基本的には、Trend Micro Apex One(以下、Apex One)でも同様となります。

スタンドアロンモードとは?

クライアント/ サーバイベントによってユーザのタスクが妨害される場合は、そのユーザにクライアントのスタンドアロン権限を付与します。
たとえば、頻繁にプレゼンテーションを行うユーザの場合、プレゼンテーションの開始前にスタンドアロンモードを有効化することによって、ウイルスバスター Corp. サーバからクライアント設定が配信されクライアントで検索が開始されるのを阻止できます。

スタンドアロンモード時のクライアントの動作

  • サーバとクライアント間の接続が機能していても、クライアントはウイルスバスター Corp. サーバにログを送信しません。
  • サーバとクライアント間の接続が機能していても、ウイルスバスター Corp. サーバは、タスクの起動も、クライアントへのクライアント設定の配信も行いません。
  • クライアントは、いずれかのアップデート元への接続が可能なら、コンポーネントをアップデートします。
    アップデート元には、ウイルスバスター Corp. サーバ、アップデートエージェント、ユーザ指定のアップデート元などがあります。

    ※次のイベントによって、スタンドアロンクライアントでアップデートが開始されます。

    - ユーザによる手動アップデートの実行。
    - クライアントの自動アップデートの実行。
    > スタンドアロンクライアントでは、クライアントの自動アップデートを無効に設定できます
    - 予約アップデートの実行。
    > 予約アップデートは、必要な権限を持つクライアントのみ実行できます。 この権限はいつでも取り消すことができます。


スタンドアロン権限を付与するには?

下記手順で、ウイルスバスター Corp. クライアントにスタンドアロン権限を付与し、スタンドアロンモードにすることができます。

  1. Corp.10.xの場合:
    Webコンソールの [ ネットワーク上のコンピュータ] → [ クライアント管理]に移動し、クライアントツリーで、ルートドメインアイコンをクリックしてすべてのクライアントを含めるか、特定のドメインまたはクライアントを選択します。
    Corp.11.0, XG の場合:
    Webコンソールの[クライアント] → [ クライアント管理]に移動し、上記の作業を行います。
         
  2. [設定] → [権限とその他の設定] の順にクリックします。
         
  3. [権限設定] タブの [スタンドアロン] セクションに移動します。
        
  4. [スタンドアロンモードの有効化] を選択します。
         
  5. クライアントツリーでドメインまたはクライアントを選択した場合は、[保存] をクリックします。
    ルートドメインアイコンをクリックした場合は、次のオプションのいずれかを選択します。
    - [すべてのクライアントに適用]
    - [今後追加されるドメインにのみ適用]
        

    画像はCorp.10.6

        
  6. スタンドアロン権限を付与したクライアント端末で、タスクトレイのウイルスバスター Corp. クライアントのアイコンを右クリックし、「スタンドアロンモードの有効化」を選択します。


スタンドアロンクライアントでクライアントの自動アップデートを無効にするには?

  1. Corp.10.xの場合:
    Webコンソールの [ アップデート] → [ ネットワーク上のコンピュータ] → [ 自動アップデート] → [イベント起動配信] セクションに移動します。
    Corp.11.0, XG の場合:
    Webコンソールの [ アップデート] → [クライアント] → [ 自動アップデート]→ [イベント起動配信] セクションに移動します。
        
  2. [スタンドアロンモードおよびオフラインモードのクライアントを含む] を無効にします。
    注意: このオプションは、[ウイルスバスター Corp. サーバが新しいコンポーネントをダウンロード後、ただちにクライアントのコンポーネントのアップデートを開始する] を無効にすると、自動的に無効になります。
        
  3. [保存] をクリックします。
      
    画像はCorp.10.6

      


スタンドアロンクライアントで予約アップデート権限を取り消すには?

  1. Corp.10.xの場合:
    Webコンソールの[ ネットワーク上のコンピュータ] → [ クライアント管理]に移動し、クライアントツリーで、スタンドアロン権限を持つクライアントを選択します。
    Corp.11.0, XG の場合:
    Webコンソールの[クライアント] → [ クライアント管理]に移動し、上記の作業を行います。
       
  2. [設定] → [権限とその他の設定] の順にクリックします。
        
  3. [権限設定] タブの [コンポーネントアップデート] セクションに移動します。
        
  4. [予約アップデートを有効にする] または [予約アップデートの有効化/無効化] オプションをオフにします。
       
  5. [保存] をクリックします。
Premium
Internal
評価:
カテゴリ:
機能/仕様
Solution Id:
1313666
ご提案/ご意見
このソリューションはお役に立ちましたか?

フィードバックありがとうございました!

いただいたご提案/ご意見に関して、トレンドマイクロから詳細確認のため、Eメールを送付させていただく場合がありますので、Eメールアドレスを入力してください:
入力いただいたEメールアドレスはソリューション改善のためだけに使用いたします.

*こちらに技術的なご質問などをいただきましてもご返答する事ができません.

何卒ご了承いただきますようお願いいたします.


To help us improve the quality of this article, please leave your email here so we can clarify further your feedback, if neccessary:
We will not send you spam or share your email address.

*This form is automated system. General questions, technical, sales, and product-related issues submitted through this form will not be answered.


ユーザーガイド