ビジネスサポートポータルアカウントでログイン
プログラムが大量のファイルにアクセスした際に、「CoreServiceShell.exe」 プロセスのCPU使用率が高くなる場合の対処方法  

プログラムが大量のファイルにアクセスした際に、「CoreServiceShell.exe」 プロセスのCPU使用率が高くなる場合の対処方法

    • 更新日:
    • 14 Aug 2017
    • 製品/バージョン:
    • ウイルスバスター ビジネスセキュリティ 7.0
    • OS:
    • Windows すべて
概要
ご利用のプログラムが大量のファイルにアクセスする際、「CoreServiceShell.exe」 プロセスのCPU使用率が高くなる場合があります。
 
本Q&Aでは、その際の対処方法について説明しています。
詳細
Public

ビジネスセキュリティ7.0サポート終了について

ビジネスセキュリティ7.0は2017年4月15日にサポートを終了しています。最新バージョンへのバージョンアップをお願いします。


はじめに

 
ウイルスバスタービジネスセキュリティ(以下、ビジネスセキュリティ)クライアントのウイルス・スパイウェア対策のリアルタイム検索機能は、悪意のあるコードが作成またはアクセスされた場合、そのファイルをスキャンします。
 
 
あるプログラムがファイルの作成および変更を急速に行った場合、ビジネスセキュリティクライアントは多くのリソースを使用してすべてのファイルアクセスの正当性を検証します。
 
 
初期設定では、ビジネスセキュリティクライアントは次のプログラムによって頻繁に変更されるフォルダを検索除外します。
 
 
  • ビジネスセキュリティサーバ
     
  • Microsoft Exchange 2000/2003/2007/2010
     
  • Active Directory Domain サービス (Windows Server の役割)
 

これらの設定は管理コンソール上の[オプション設定]→[グローバル設定]→[デスクトップ/サーバ]の項目で変更が可能です。

  
 
その他のプログラムやOSの機能はビジネスセキュリティクライアントのリアルタイム検索からファイルやフォルダを除外する初期設定のオプションがありません。
 
これらのプログラムのいずれかを実行してパフォーマンスの問題が発生した場合は、管理コンソール上のセキュリティ設定より設定の変更が可能です。
 

これらの設定を行うことでご利用のコンピュータのセキュリティレベルが低くなります。公開して利用可能なサーバの場合は、これらの設定を適用する前に、これらの設定とサービスの性質を確認してください。

 

操作方法

 
この問題を解決するには、次の操作を行なってください。
 
  1. 管理コンソールにログインします。
     
      
  2. [セキュリティ設定]→クライアントのグループ→[設定] をクリックします。
     
     
  3. [ウイルス/スパイウェア対策]→[検索対象]→[検索除外]をクリックします。
     
  4. もし次のプログラムを利用している場合は、次のフォルダ、ファイル、拡張子の検索除外の設定を行います。
 
 
 
●[特定の拡張子を持つファイルの検索除外]に設定を行う
 
プログラム名除外する拡張子名
Outlook.PST
Microsoft SQL Server
.MDF
 
.LDF
 
.NDF
 
.BAK
 
.TRN
Hyper-V
.AVHD
 
.ISO
 
.VFD
 
.VHD
 
.VSV
 
.XML
VMWare products
.VMDK
 
.VMEM
Citrix products
.LOG
 
.DAT
 
.TMP
 
.POL
 
.PF
 
 
 
●[特定ディレクトリの検索除外]に設定を行う
 
プログラム名除外するディレクトリ名
Windows Update Store
C:\Windows\SoftwareDistribution\Datastore
Windows Software Update Services (WSUS) Server
<WSUS storage driver letter>:\MSSQL$WSUS
 
<WSUS storage driver letter>:\WSUS
 
<WSUS storage driver letter>:\WsusDatabase
DHCP Server (Windows Server の役割)
C:\Windows\system32\dhcp
DNS Server (Windows Server の役割)
C:\Windows\system32\dns
WINS Server (Windows Server の役割)
C:\Windows\system32\wins
印刷とドキュメントサービス
C:\Windows\system32\Spool\
Remote Storage Service
C:\windows\system32\ntmsdata
POP3 コネクタ ( Windows Small Business Server (SBS) 2003 )
C:\Program Files\Microsoft Windows Small Business Server\Networking\POP3\Failed Mail
 
C:\Program Files\Microsoft Windows Small Business Server\Networking\POP3\Incoming mail
Internet Information Services (IIS) 6.0 または Web Server の役割 ( Windows Server 2003 )
C:\inetpub\wwwroot
(注意:IISの設定に依存するため、複数のWebサイトを構築している場合は、複数のフォルダを設定する必要があります。)
 
C:\Windows\system32 \LogFiles
(注意:IISの設定に依存するため、複数のWebサイトを構築している場合は、複数のフォルダを設定する必要があります。)
 
C:\windows\IIS Temporary Compressed Files
Internet Information Services (IIS) 7.0 または Web Server の役割 (Windows Server 2008 )
C:\inetpub\wwwroot\
(注意:IISの設定に依存するため、複数のWebサイトを構築している場合は、複数のフォルダを設定する必要があります。)
 
C:\inetpub\logs\
(注意:IISの設定に依存するため、複数のWebサイトを構築している場合は、複数のフォルダを設定する必要があります。)
 
C:\inetpub\temp\IIS Temporary Compressed Files
Microsoft SQL Server
<SQL Server Installed folder>\*\OLAP\Data
 
<SQL Server Installed folder>\*\OLAP\Backup
 
<SQL Server Installed folder>\*\OLAP\Log
Microsoft SQL Server Failover Cluster
(注意: < cluster service account>はクラスタサービスのために起動している特定のアカウントを指します。)
<クォーラムドライブ名>:\
 
C:\windows\cluster
 
Windows 2003のみ:
C:\Documents and Settings\<cluster service account>\Local Settings\Temp\
 
Windows 2008のみ:
C:\Users\<cluster service account>\AppData\Local\Temp
SharePoint Portal Server
(注意: <SharePoint service account>はシェアポイントサービスのために起動している特定のアカウントを指します。)
C:\Program Files\SharePoint Portal Server
 
C:\Program Files\Common Files\Microsoft Shared\Web Storage System
 
C:\Program Files\Common Files\Microsoft Shared\Web Service Extensions
 
C:\Program Files\Common Files\Microsoft Shared\Web Server Extensions
 
C:\Program Files\Microsoft Office Servers
 
C:\Windows\Temp\Frontpagetempdir
 
C:\Windows\Temp\WebTempDir
 
Windows 2003のみ:
C:\Documents and Settings\All Users\Application Data\Microsoft\SharePoint\Config
 
C:\Documents and Settings\<SharePoint service account>\Local Settings\Application Data
 
C:\Documents and Settings\<SharePoint service account>\Local Settings\Temp\
 
C:\Documents and Settings\Default User\Local Settings\Temp
 
Windows 2008のみ:
C:\Users\<SharePoint service account>\Local
 
C:\Users\<SharePoint service account>\Local\Temp
 
C:\Users\Default\AppData\Local\Temp
 
C: \ProgramData\Microsoft\SharePoint\Config
 
32-bit OSを利用時:
C:\Windows\Microsoft.NET\Framework\v2.0.50727\Temporary ASP.NET Files
 
C:\Windows\system32\LogFiles
 
64-bit OSを利用時:
C:\Windows\Microsoft.NET\Framework64\v2.0.50727\Temporary ASP.NET Files
 
C:\Windows\Syswow64\LogFiles
Internet Security and Acceleration Server (ISA) Server
C:\Program Files\Microsoft ISA Server\ISALogs
 
C:\Program Files\Microsoft SQL Server\MSSQL$MSFW\Data
Microsoft Operations Manager Server (MOM) 2005
C:\Documents and Settings\All Users\Application Data\Microsoft\Microsoft Operations Manager
 
C:\Program Files\Microsoft Operations Manager 2005
Hyper-V
C:\ProgramData\Microsoft\Windows\Hyper-V
 
C:\Users\Public\Documents\Hyper-V\Virtual Hard Disks
 
C:\ProgramData\ProgramData\Microsoft\Windows\Hyper-V\Snapshots
 
Windows 2008 R2のみ: C:\ClusterStorage
 
<カスタムヴァーチャルマシーン設定フォルダ>
 
<カスタムヴァーチャルハードディスクドライブフォルダ>
VMWare products
<ヴァーチャルマシーンを含んだフォルダ>
Citrix products
<ファイルサーバ上のローミングプロファイルフォルダ>
 
 
Windows Vista / 2008 / 7 のパフォーマンスを向上させるため、管理コンソールより [オプション設定]→[グローバル設定]→[デスクトップ/サーバ]を開き、次の項目にチェックを入れてください。
 
  • シャドウコピーの除外セクション。
 
Premium
Internal
評価:
カテゴリ:
動作トラブル
Solution Id:
1313693
ご提案/ご意見
このソリューションはお役に立ちましたか?

フィードバックありがとうございました!

いただいたご提案/ご意見に関して、トレンドマイクロから詳細確認のため、Eメールを送付させていただく場合がありますので、Eメールアドレスを入力してください:
入力いただいたEメールアドレスはソリューション改善のためだけに使用いたします.

*こちらに技術的なご質問などをいただきましてもご返答する事ができません.

何卒ご了承いただきますようお願いいたします.


To help us improve the quality of this article, please leave your email here so we can clarify further your feedback, if neccessary:
We will not send you spam or share your email address.

*This form is automated system. General questions, technical, sales, and product-related issues submitted through this form will not be answered.


ユーザーガイド