ビジネスサポートポータルアカウントでログイン
スマートスキャンを使用しない環境でクライアントのタスクトレイアイコンが接続中の状態になる場合について  

スマートスキャンを使用しない環境でクライアントのタスクトレイアイコンが接続中の状態になる場合について

    • 更新日:
    • 30 Dec 2019
    • 製品/バージョン:
    • ウイルスバスター コーポレートエディション All.All
    • OS:
    • Windows すべて
概要
スマートスキャンを使用しない環境でウイルスバスター コーポレートエディション (以下、ウイルスバスター Corp.) クライアントのタスクトレイアイコンが接続中(右下に信号機のようなものが表示されている)の状態になるのですがどうすればよいですか?
詳細
Public
新規にウイルスバスター Corp. サーバをインストール時に統合Smart Protection Serverをインストールせず、 かつ、スタンドアロンSmart Protection Serverを使用しない場合には 初期設定でウイルスバスター Corp. クライアントのアイコンがSmart Protectionソースに接続中のアイコン(右下に信号機のようなものが表示されている)になります。
※参考 クライアントのタスクトレイアイコンに表示されるアイコン一覧

これは、Smart Protectionソース (統合Smart Protection Server、または、スタンドアロンSmart Protection Server) に接続行う設定が初期設定で有効になっているため発生いたします。そのため、以下の手順に沿って設定を無効にすることでSmart Protectionソースに接続を行わなくなり、アイコンが正常な状態に戻ります。

手順(11.0 およびXG の場合)

  1. Web管理コンソールにログインし、メニューより[クライアント] → [クライアント管理] を選択します。
  2. アイコンの状態を改善する対象 (クライアント、あるいは、ドメインなど) を選択し、クライアント上部の [設定] メニューより [Webレピュテーション] を選択します。
  3. Webレピュテーション設定の画面で次のチェックボックスをオフにし、「すべてに適用」または「保存」をクリックします。

    ・Smart Protection Serverにクエリを送信する
  4. ウイルスバスター Corp. クライアントのアイコンが正常な状態に戻ることを確認します。

手順(10.xの場合)

  1. Web管理コンソールにログインし、左のメニューより[ネットワーク上のコンピュータ] → [クライアント管理] を選択します。
  2. アイコンの状態を改善する対象 (クライアント、あるいは、ドメインなど) を選択し、クライアント上部の [設定] メニューより [Webレピュテーション] を選択します。
  3. Webレピュテーション設定の画面で[Smart Protection Serverにクエリを送信する]のチェックボックスをオフにし、「すべてに適用」をクリックします。

     
  4. ウイルスバスター Corp. クライアントのアイコンが正常な状態に戻ることを確認します。


 

Premium
Internal
Partner
評価:
カテゴリ:
操作方法/設定
Solution Id:
1313797
ご提案/ご意見
このソリューションはお役に立ちましたか?

フィードバックありがとうございました!


*こちらに技術的なご質問などをいただきましてもご返答する事ができません.

何卒ご了承いただきますようお願いいたします.


To help us improve the quality of this article, please leave your email here so we can clarify further your feedback, if neccessary:
We will not send you spam or share your email address.

*This form is automated system. General questions, technical, sales, and product-related issues submitted through this form will not be answered.


ユーザーガイド