ビジネスサポートポータルアカウントでログイン
クライアントへ配信されるコンポーネントについて  

クライアントへ配信されるコンポーネントについて

    • 更新日:
    • 31 Jul 2019
    • 製品/バージョン:
    • Apex One All.All
    • ウイルスバスター コーポレートエディション 11.0
    • ウイルスバスター コーポレートエディション XG.All
    • OS:
    • Windows すべて
概要
ウイルスバスター コーポレートエディション (以下、ウイルスバスター Corp.) クライアントへ配信されるコンポーネントについてどのようなものがありますか?
詳細
Public

2019年7月31日に、「ウイルスバスター コーポレートエディション」の後継となる新製品「Trend Micro Apex One」が公開されました。
本製品Q&Aにて、ウイルスバスター コーポレートエディション(以下、ウイルスバスター Corp.) として記載のあるものは、 基本的には、Trend Micro Apex One(以下、Apex One)でも同様となります。

以下の表にあるコンポーネントが配信されます。なお、ライセンスのアクティベーションや設定の有効/無効等の条件によりWebコンソールの「ステータス」で表示されるコンポーネントとクライアント管理コンソールの「コンポーネントのバージョン」で表示される内容が異なってきます。

共通の表の見方は以下の通りです。
  • 設定直後にはバージョンが反映されていない場合があるため、しばらく経過後に再度確認してください。
  • 「○」はバージョンが表示されるもの、「×」は「該当なし」と表示されるものを示しています。
  • Webコンソール上で「該当なし」と表示されるコンポーネントについて、一度設定を有効にすると再度無効にした後にもバージョンが表示された状態になります。
  • バージョン11.0についてはServicePack1適用済ビルド6496を基にしています。
  • ビルド4665以降、ELAMパターンファイルが配信されますが、Webコンソールおよびクライアント管理コンソール上には表示されません。
  • 「従来型スキャン」、「スマートスキャン」の項目は最低限の機能のみ有効とした場合を示しています。
  • 「+FW」の項目はファイアウォールを有効にした場合を示しています。
  • 「+WRS」の項目は「Webレピュテーションおよびスパイウェア対策」をアクティベートした場合を示しています。
  • 「+DCS」の項目は「ダメージクリーンナップサービス」をアクティベートした場合を示しています。
  • 「+不正変更防止」は挙動監視およびデバイスコントロールに関する不正変更防止サービスを有効にした場合を示しています。
    (Windows Server 2008などのサーバOSは初期設定ではサービスが無効になっている点にご注意ください)
  • 「+SCS」の項目は不審接続サービスを有効とした場合を示しています。
  • 「+APS」の項目は高度な保護サービスを有効とした場合を示しています。
  • 「+IDF」の項目は情報漏えい対策オプションを有効とした場合を示しています。
 
■ Webコンソール

コンポーネント従来型スキャンスマートスキャン+FW+WRS+DCS+SCS+APS
ウイルス検索エンジン     
スマートスキャンエージェントパターン×     
ウイルスパターンファイル×     
IntelliTrap パターンファイル     
IntelliTrap 除外パターンファイル     
メモリ検索パターンファイル     
スパイウェア検索エンジン (32ビット/64ビット)      
スパイウェアパターンファイル      
スパイウェア監視パターンファイル   △※1   
挙動監視検出パターンファイル○※2○※2     
挙動監視コアドライバ○※2○※2     
挙動監視コアサービス○※2○※2     
挙動監視設定パターンファイル○※2○※2     
ポリシー施行パターンファイル○※2○※2     
デジタル署名パターンファイル○※2○※2     
メモリ検索実行パターン     
ウイルスクリーンナップエンジン      
ウイルスクリーンナップテンプレート      
起動時クリーンナップドライバ      
ファイアウォールドライバ      
ファイアウォールパターンファイル      
グローバルC&C IPリスト     
適合度ルール      
ブラウザ脆弱性対策パターンファイル     
スクリプトアナライザパターンファイル     

※1 従来型スキャンではバージョンが表示、スマートスキャンでは「該当なし」が表示されます。
※2 「不正変更防止サービス」の有効/無効にかかわらずバージョンが表示されます。

 
上記に加えウイルスバスター Corp. XGで追加されたもの

コンポーネント従来型スキャンスマートスキャン+機械学習型検索++不正変更防止
ELAMパターンファイル  
高度な脅威検索エンジン  
高度な脅威相関パターンファイル  
プログラム検査監視パターンファイル   
CI エンジン (32/64 ビット)  ○※1 
CI パターンファイル  ○※1 
CI クエリハンドラ (32/64 ビット)  ○※1 

※1 「機械学型検索」の有効/無効にかかわらずバージョンが表示されます。


■ クライアント管理コンソール

コンポーネント従来型
スキャン
スマート
スキャン
+FW+WRS+DCS+不正変更防止+SCS+APS+IDF
ウイルス検索エンジン       
スマートスキャンエージェントパターン        
ウイルスパターンファイル        
IntelliTrap パターンファイル       
IntelliTrap 除外パターンファイル       
メモリ検索パターンファイル       
スパイウェア検索エンジン (32ビット/64ビット)        
スパイウェアパターンファイル        
スパイウェア監視パターンファイル   △※1     
URLフィルタエンジン        
スマートフィードバックエンジン       
挙動監視検出パターンファイル        
挙動監視コアドライバ        
挙動監視コアサービス        
挙動監視設定パターンファイル        
ポリシー施行パターンファイル        
デジタル署名パターンファイル        
メモリ検索実行パターン       
ウイルスクリーンナップエンジン        
ウイルスクリーンナップテンプレート        
起動時クリーンナップドライバ        
ファイアウォールドライバ        
ファイアウォールパターンファイル        
情報漏えい対策オプションモジュール        
グローバルC&C IPリスト       
適合度ルール        
ブラウザ脆弱性対策パターンファイル       
スクリプトアナライザパターンファイル       
※1 スマートスキャンではコンポーネントが表示されません。
 
上記に加えウイルスバスター Corp. XGで追加されたもの

コンポーネント従来型スキャンスマートスキャン+機械学習検索+不正変更防止
ELAMパターンファイル  
高度な脅威検索エンジン  
高度な脅威相関パターンファイル  
プログラム検査監視パターンファイル   
プログラム検査エンジン   
CI エンジン (32/64 ビット)   
CI パターンファイル   
CI クエリハンドラ (32/64 ビット)  ○※1 


※1 「機械学型検索」の有効/無効にかかわらずバージョンが表示されます。

Premium
Internal
評価:
カテゴリ:
Patch/Service Pack適用
Solution Id:
1314391
ご提案/ご意見
このソリューションはお役に立ちましたか?

フィードバックありがとうございました!

いただいたご提案/ご意見に関して、トレンドマイクロから詳細確認のため、Eメールを送付させていただく場合がありますので、Eメールアドレスを入力してください:
入力いただいたEメールアドレスはソリューション改善のためだけに使用いたします.

*こちらに技術的なご質問などをいただきましてもご返答する事ができません.

何卒ご了承いただきますようお願いいたします.


To help us improve the quality of this article, please leave your email here so we can clarify further your feedback, if neccessary:
We will not send you spam or share your email address.

*This form is automated system. General questions, technical, sales, and product-related issues submitted through this form will not be answered.


ユーザーガイド