ビジネスサポートポータルアカウントでログイン
SP5.7から5.8にアップグレードした際の設定引き継ぎについて  

SP5.7から5.8にアップグレードした際の設定引き継ぎについて

    • 更新日:
    • 17 Jul 2017
    • 製品/バージョン:
    • ServerProtect Ver5 5.8
    • OS:
    • Windows すべて
概要
ServerProtect 5.7から5.8にアップグレードを行った後も設定を引き継がれますか?
詳細
Public

ServerProtect 5.7から5.8にアップグレードを行っても基本的には設定を引き継ぐことが可能です。
ただし、アップデートの設定において、パターンファイルなどのコンポーネントのダウンロード元をUNCパスで指定している場合は、アップグレード後のアップデート元の設定が ServerProtect 5.8のAUサーバのURLに上書きされるため、アップグレード後手動で書き換えを行う必要があります。

その為、コンポーネントのダウンロード元をUNCパスで指定している場合にはアップグレード前に設定内容をあらかじめ記録しておくことをお勧めいたします。
※UNCパスは管理コンソールの「アップデート」よりダウンロードの「設定」をクリックすると開かれる「ダウンロードオプション」で確認できます。

なお、Trend Micro Control Manager (以降、Control Manager) をご利用の環境の場合、アップグレード直後同様にServerProtect 5.8のAUサーバのURLに設定が上書きされますが、その後Control Managerからコンポーネントが配信されるとControl ManagerのURLに自動的に戻るため手動で書き換えは必要ありません。

Premium
Internal
評価:
カテゴリ:
Solution Id:
1314641
ご提案/ご意見
このソリューションはお役に立ちましたか?

フィードバックありがとうございました!

いただいたご提案/ご意見に関して、トレンドマイクロから詳細確認のため、Eメールを送付させていただく場合がありますので、Eメールアドレスを入力してください:
入力いただいたEメールアドレスはソリューション改善のためだけに使用いたします.

*こちらに技術的なご質問などをいただきましてもご返答する事ができません.

何卒ご了承いただきますようお願いいたします.


To help us improve the quality of this article, please leave your email here so we can clarify further your feedback, if neccessary:
We will not send you spam or share your email address.

*This form is automated system. General questions, technical, sales, and product-related issues submitted through this form will not be answered.


ユーザーガイド